係長に読ませたい書評たち TOP書籍カテゴリー >コミック

コミック

男たちの好日(1)

男たちの好日(1)

明治から昭和にかけての時代を描いた本はたくさんあります。このような本は、その時代の苦悩などを感じることができるもので、いまの時代にも影響を与えることがあります。本は、自分が体験することのない人生を知るためにも最適なものでしょう。明治後期から昭和初期の日本を舞台とした本に「男たちの好日(1)」という本があります。 ......《続きを読む》

[カテゴリー] コミック
[著者] ながいのりあき
[発行日] 2014.05.23
[評価] -


ジョージ秋山全集 浮浪雲 3巻

ジョージ秋山全集 浮浪雲 3巻

僕が勝手に「人生の師匠」と思っているのが、「雲(くも)」。ジョージ秋山の漫画、「浮浪雲」の主人公、雲のことだ。浮浪雲は、幕末の品川宿で問屋を営む雲の日常を描いた漫画。ジョージ秋山の代表作でもある。なんと、ビッグコミックオリジナルに今も連載中の、大作だ。単行本は100集まで発売されて......《続きを読む》

[カテゴリー] コミック
[著者] ジョージ秋山
[発行日] 2013.07.19
[評価] ★★★★☆


歌麿 壱

歌麿 壱

あまりのおもしろさに最近はまっているのが、『歌麿 壱』。テレビアニメにもなった『F』や、『ダッシュ勝平』などの作品で有名な、六田登の漫画だ。第1巻の本書では、主人公のウタ(のちに「歌」となる)が、タカと一緒に忍びの里から逃げるところから始まる。腹痛で苦しんでいる男を殺してしまったり、女郎......《続きを読む》

[カテゴリー] コミック
[著者] 六田登
[発行日] 2013.08.19
[評価] ★★★☆☆

書籍カテゴリー

書評一覧

About us