係長に読ませたい書評たち TOP書評一覧 >とっちゃまんの 3日でできる自由研究

書評  とっちゃまんの 3日でできる自由研究

[カテゴリー] 実用書 [著者] 宮川俊彦 [発行日] 2013.08.19 [評価] ★★★☆☆

とっちゃまんの 3日でできる自由研究
【電子書籍】
kindle ibooks google 楽天kobo YAHOO

■□夏休みの自由研究に困ったら必読

もう夏休みは終わっちゃったけれど、
来年のためにと見つけた本が、
『とっちゃまんの 3日でできる自由研究』。

実は今年の夏休みは、小学生の娘のほうは大丈夫そうだったが、
息子はいつまでたっても自由研究にとりかからず、大変だった。
結局、夏休みの最終日に僕も手伝って、何とか形にしたというありさまで……。

さて、「とっちゃまん」こと、宮川俊彦氏は作家であり評論家であり、表現教育者。
そして、国語作文教育研究所の所長。
作文表現教育の第一人者だけあって、作文に関する著書も多い。
そんな著者の自由研究の本なら間違いないだろう。

具体的な自由研究が紹介されているが、視点が独特でおもしろい。
たとえば、出会った女の人の服の色の研究、にんじんを好きになる方法、AKBのファン層の研究、栓を抜いたコーラがうまいわけ、など。

子どもが興味を持ちそうなテーマなので、
自由研究も楽しくできるというわけだ。
研究の進め方やレポートの書き方、コツなども紹介されているので、
活躍度が高い。
もちろん、大人が読んでもおもしろくて、
つい、人に話したくなるネタもある。

基本的に子ども向けの本なので、さらっと読める。
ぜひ、小学生を子どもに持つ父親におすすめしたい。
一緒に読めば、子どもとのコミュニケーションにもなる!

書籍カテゴリー

書評一覧

About us